GitLab Contribute 2019 recap (Meetup Tokyo #17) (2019/06/06 19:00〜)

## 概要 2019年5月に開催されるGitLab Contribute 2019のレポートをMeetup Tokyo #17として開催します。complete DevOps/Gitプラットフォーム「GitLab」のコミュニティイベントです。Gitって何という人からGitLabをフル活用してDevOpsしているエンジニアまでどなたもご参加いただけます。 海外でのGitLab利用事例、開発・プロダクトチーム主体であるGitLab Incの考え方を知りたいという人にもオススメです。 ## 日時 * 2019年6月6日(木) 19:00〜21:00 (開場 18:30) ## 場...

前回に続きブログ枠で参加させてもらいました。

会場は大崎のソニーさんの24FのイベントスペースBRIDGE TERMINALでした。
すぐ暗くなっちゃいましたが、羽田空港の飛行機がよく見える見晴らしの良い会場でした。
フードスポンサーもソニーさん、ありがとうございます!

オープニング

  • こちらオープニングで流れていた動画。お祭りですね。すごく楽しそうです。
  • Slackチャンネルのご紹介

http://gitlab-jp.herokuapp.com/

上記URLから招待URLを送れるのでどしどし入ってきて欲しいとのことです。
ランディングページをHerokuの無料プランで動かしているとのことです。

slackinというのを使っているようですね。

rauchg/slackin

Public Slack organizations made easy. Contribute to rauchg/slackin development by creating an account on GitHub.
  • Twitterアカウントのご紹介

GitLab-TokyoのTwitterアカウント(@GitLabTokyo)を作ったのでフォローよろしくお願いします。

GitLab Contributeの2019に参加した話

by @hiroponzさん

https://docs.google.com/presentation/d/1zZkvmuxtM2hDlbbFO4YNvK43KeF2LIVjeaKfK9NZKYo/preview?slide=id.p

  • GitLab Contributeとは?
    • 9ヶ月に1度、世界中からGitLabの社員とCore Teamのメンバーが集合する。
    • 去年まではGitLab Summitsという名前だった。
    • GitLabにContributeすると参加できる。
    • Contributeと言ってもドキュメント修正やブログなどでのナレッジ共有も認められるのでお気軽にどうぞ。

Contributeが認められると参加費(宿泊費・食事代込み)の約28万円が無料だし、飛行機代の補助も出してくれる。
英語は聞き取れなかったけど何とかなった。翻訳アプリが便利だった。
IPOするそうだが、本社がなくてIPOする会社は初らしい。
コントリビュートする理由は様々。ドキュメントの間違いが許せなくて修正している英語の先生がいた。

pg_trgmを使っているため、2文字以下での検索ができない問題に誰かContributeして欲いとのこと。
→英語では2文字以下の検索をしたいニーズが少ないでしょうから、日本人がコントリビュートするチャンスですね。

The Challenge at Contribute & Sessions

by @tnirさん

参加者

GitLab Contributeへの参加者は前回の350人から580人に増加(前回比66%アップ)。
日本からの参加は3名。

Keynote

リモートワークによって家庭へコミットできるようになり社員の離婚率が下がったといった働き方の話が印象的でした。

The Challenge

毎年、何か課題をあげて期間中にクリアするチャレンジ。 今年はインストールの簡単化をやった。

Compensation Calculator

GitLabの社員は住んでいる地域よって物価などの格差があるので条件を入れてサラリーが見れるツール。

https://about.gitlab.com/handbook/people-operations/global-compensation/calculator/

適当に検索条件を入れてみたらこんな感じでした。

次回はおそらく2020/02。アジアのどこか?


ここからLTです。

ダブルSSOで始めるGitlab Mattermost

by @ymasaokaさん

  • Mattermostご存知ですか?
    • MattermostはSlackクローンなOSSチャットツール
  • SvnからGit(GiLab)の移行した時にMattermostも導入
    • Slackが使えない職場という背景も
  • 当初はGitLab <- SSO <- Mattermostの構成
  • 突然のAD/LDAP連携が必須のお達し
  • だがMattermostがダブルSSOに対応していないことが分かる
  • GitLabに同梱のMattermostでならできた

話を聞いていてMattermostを直接LDAPに繋げば良いのではと思ったんですが、 EE版じゃないとLDAP連携をサポートしてないんですね。知らんかったです。 https://docs.mattermost.com/deployment/sso-ldap.html

GItLab CIで簡単コンテナ開発

by @tempacct032419さん

https://gitlab.com/mrman/talks/raw/master/dist/2019/06/gitlab-tokyo-meetup/gitlab-ci-and-docker-containers.pdf

  • コンテナとは何か?
  • パイプラインでコンテナビルド
  • GitLabはDockerレジストリーが無料で使えたり、イメージのスキャンができる。
  • GItLab CIのサービスでKubernetesやMesosのデプロイできたりめちゃくちゃ便利。

「Gitlab+RancherによるDevops」

by @chengさん

  • 画面操作だけでGitLab+LancherによりCI/CDしたい。
  • GitLabでソースコードとDockerレジストリを管理して、CI/CDはLancherで行う構成。
  • RancherでKubernetesのクラスタを簡単に構築できる。
  • パイプラインの実行はRancherのJenkinsを使用している。
  • Pipelineの分岐制御はまだ弱いので複雑な分岐は難しいとのこと。
  • SonarCubeやNexusも画面からセットアップ可能。

スポンサーLT

GitLab CEにガントチャートが欲しい。 GanttLabというガントチャートがあるが、まだ触ってない。

GanttLab

The easy to use, fully functional Gantt chart for GitLab and GitHub.

MermaidがGitLab10.3でサポートされた。 https://docs.gitlab.com/ee/user/markdown.html#mermaid

GitLab 10.3 released with Static Application Security Testing and Browser Performance Testing

GitLab 10.3 released with Static Application Security Testing, Browser Performance Testing, Multiple Kubernetes clusters per project, and much more!

knsv/mermaid

Generation of diagram and flowchart from text in a similar manner as markdown - knsv/mermaid

GitLab IssueをAPIで読み込んでガントチャートを書いてみた。 必要な情報はDescriptionに書いている。GanttLabも同じようなことをやっているようです。

おわりに

今回も面白い話をたくさん聴けましたし、ブログにまとめることで良い復習となりました。 資料が公開されたら追記するつもりです。
2019/06/13 すベての資料が公開されたので記事にリンクを追加しました。